ぶどう

Grape

サマーブラックはどんな品種? 特徴と味わいを紹介!

  • ぶどう園

サマーブラックは「黒いシャインマスカット」!?

サマーブラックという品種をご存知でしょうか。色は紫黒色。種はなく、大粒で美味しいぶどう品種です。その特徴はなんといってもその糖度。およそ20〜21度という高い糖度があります。シャインマスカットの糖度が15〜17度、巨峰でも18〜20度くらいですから、いかに糖度が高いかがわかります。

 

サマーブラック

 

このサマーブラックは、「巨峰」と「トムソン・シードレス」という品種を交雑させて生まれた品種です。より大粒で、高品質で、種はなく、そして早熟であることを追求し、20世紀末に生まれたまだ新しいぶどう品種のひとつ。それだけに知名度はまださほど高くないかもしれませんが、とてもおいしいぶどうなんです。

 

サマーブラックと、サマーブラックを使用したパフェ

 

見た目的には「小さめの巨峰」というイメージですが、食感に特徴があります。皮と果肉に独特の歯応えがあって、それが独特の魅力になっているんです。私たちやまふじぶどう園では、その食感からこのぶどうを「黒いシャインマスカット」と呼んでいるくらいなんですよ。そしてとにかく甘い!

この皮はシロップ煮にしても剥がれず、食感も残るので名物の「ぶどうパフェ」にも必ず入れている、最高の品種です。

 

サマーブラックは早くから食べられるのも魅力

また、サマーブラックの名の通り収穫は早め。巨峰より10日ほど早く熟すため、大体8月の初旬くらいには食べることができるようになります。早い時期から楽しむことができるのも、サマーブラックの魅力のひとつです。やまふじぶどう園にも植えられていて、一般に8月半ばくらいには食べられるようになります。

 

このぶどうはやや粒が落ちやすいので、梅雨の時期に行われる摘粒(粒を落とすこと)と呼ばれる作業では、実と実が互いに支え合うようにすることが大切です。そうすると、収穫時にはパンパンに膨れた、いかにもおいしそうなぶどうに仕上がります。黒々とした粒は、見た目にも実においしそう!

 

サマーブラックの摘粒作業

サマーブラックの摘粒作業

 

 

ただ、露地栽培なので完熟期の雨の量によっては皮が破裂してしまい、売り物にならないこともしばしば。割れやすく、病気に弱く、枝も折れやすいため栽培家泣かせ。経営的には難しい品種でもあるんですが、お客様からの指名も多い人気品種なので、しっかり守っていきたいと思っています

 

 

サマーブラックはワインになる?

ちなみにこのサマーブラック、ワインにしてもなかなかおいしいみたいです。やまふじぶどう園併設のホーライサンワイナリーでも、いつかサマーブラックのワインを造る日が来るかもしれませんね。皮ごと洗わずに食べられる、やまふじぶどう園のサマーブラック。実と皮の密着度が高いので、皮をむいて食べるのにはあまり向いていません。ぜひ一度、皮ごと食べるおいしさを味わってみてくださいね。

 

サマーブラックも食べられる、やまふじぶどう園のぶどう摘み取り体験の情報はこちら!↓

https://www.winery.co.jp/grape/1925/

 

サマーブラックの特徴

  • 色:紫黒色
  • 粒の大きさ:やや大きめ
  • 種:なし
  • 皮:皮ごと食べられる
  • 糖度:20〜21度(とても甘い)
  • 食べられる時期:平年8月上旬頃〜